ドローンを取り巻く現状と今後の展望は!

広がる空に輝く未来!大空にドローンを飛ばす!

近年、何かと話題になっているドローン。良い意味でも悪い意味でもよく耳にしますが、一体どういうモノを指すのか知ってますか?まずはドローンとはなんなのかについて簡単に説明します。
ドローン(drone)とは、そのまま訳すと「雄バチ」です。ローターの回転音がハチの羽音に似ているのが由来とされています。基本的には自立制御の「無人航空機」を指しています。無人機の機動性と汎用性を武器に、人間にとって危険な作業、大変な作業を代わりに効率的に実行できる期待の最新技術なんです。

今後活躍が期待されているドローンですが、まだまだ本当の実力を発揮できていない状態です。よく耳にする話題としては、操縦者の悪意の有無にかかわらず、落下といった事故や事件などで世間を騒がせています。ドローンの活躍を目にするのはまだまだ空撮などのメディアでの活用のみに留まっています。

現在のドローン業界はまだ黎明期。今のこの状態はパソコンの普及が始まった時代に例えられています。使いやすいOSの普及やインターネット環境の整備などがあり、その後爆発的に成長していきました。ドローン業界も新たな技術、フラグシップの登場、法環境の整備などが行われればパソコン市場と同じように爆発的な成長が見込まれています。
アメリカ国際無人機協会(AUVSI)では2025年のドローンビジネスは10兆円規模になると試算しているぐらいで、それにともないドローン関連人材の新規雇用の続々と生まれてくると言われています。

アメリカでこれだけの市場規模拡大が見込まれているなら、当然日本にもその流れはやってきます!

世界中で、日本で、これからドローンを活用してさまざまなサービスが誕生することでしょう!

ドローンを活用した仕事に興味があるなら早めのチャレンジをおすすめします!

しかしまだまだ実際に眼にすることはまだ少ないドローンですが、これだけ期待されている分野があるということは、いずれ日常に欠かせないものになってくるでしょう。

近い将来ドローン業界に関わる人材、特にドローンを操縦する人材が多く必要となってくることは間違いないはず!

すでに欧米ではドローン操縦士・パイロットの人材不足が指摘されていて、多くの訓練機関によって人材育成が急ピッチに進められています。日本でもドローン操縦士・パイロットへの需要が急増していますが、やはり人材不足であり、需要に対して供給が追いついていない現状なんです。

「ドローンに興味があって、今後急成長のドローン業界に就職・転職できたら」と思っているあなた、今が狙い目です!
ドローン操縦士・パイロットとしての知識や操縦技術を早めに取得しておけば、今後さまざまな分野での活躍を求められ、必要不可欠な人材になれること間違いなしですよ!

とにかく「善は急げ」なんです!

このサイトではドローン操縦士・パイロットになるための素朴な疑問、知りたい情報などわかりやすく説明しています!

記事一覧

無料説明会体験記