注目度大のドローン業界の仕事!収入・求人など現状は?

ドローンパイロットは重宝される存在に!

ドローンは今後、農業現場、建築現場、宅配業界、セキュリティー現場、災害調査・支援などさまざまな分野への展開が見込まれている期待の技術です。
今の段階で操縦技術を身につけておけば、パソコン黎明期にパソコンが扱える人が重宝されたように、ドローン操縦士・パイロットはあらゆる業界から重宝される人材となるでしょう!
近い未来に、輝かしいビジネスライフが拓けるかもしれませんね。

では現在のドローンパイロットの求人・収入は?

さまざまな求人サイトを「ドローン操縦士・パイロット」で検索してみるとその求人数は決して多くはありません。
内容は主に空撮がメインで、まだまだ展開が期待される分野の求人は少ないです。

現段階で空撮で活躍しているドローン操縦士・パイロットの先輩たちはどれくらいの収入を得ているのでしょうか?
空撮を仕事にしているドローン操縦士・パイロットの年収は、おおよそ350万円〜640万円ぐらいと言われています。まずまずの収入は得られるということなんでしょうが、ずば抜けて高収入であるという訳でもありません。

しかし実際には儲かっている人も中にはいるんです。
今のところ空撮を行っているドローンパイロットの中で腕利と呼ばれる人は日本でも100人を満たないとされています。その為一部のドローンパイロットに仕事依頼が集中してしまってい引っ張りだこの状況なんです。
人気のドローンパイロットは報酬が50万円ぐらいにまで跳ね上がっているそうです。中には100万円以上ももらっている方もいるとか。
このように腕利のドローンパイロットと認められれば、年収1000万円越えなんてことも夢ではないわけなんです。
ただ、このようなった人たちはドローンが騒がれる前からドローンに関わっていた先見の明のあった人たちです。今後空撮の分野で高額収入者になるには正直言って難しいかもしれません。

最近ではドローン本体の性能も上がり、ある程度ドローンを飛ばせれば誰でもそれなりに綺麗な画像や動画が撮れるようになりました。技術の進化や空撮業者の増加により現在では単価が下がってきていると言われています。今後、空撮で仕事を得るには編集や資料作成などプラスアルファの技術が必要になってくるでしょう。ただ操縦士・パイロットとしてドローンを飛ばせるだけでは食べてはいけない時代になってくるかもしれません。

これからが期待されるドローン業界の分野にもプラスアルファが大切!

まず最も早くドローンの展開が勧められすのは、建設業界の点検・メンテナンス作業でしょう。
建設業界の点検・メンテナンス作業は、現在まで人海戦術がものを言わせていた世界です。しかし技術者の高齢化や後継者不足などにより人手不足になり、その技術者の代わりとしてドローンが参入していくと考えられています。この「技術者の代わり」というのがポイントで、ただドローンを飛ばせるだけという操縦士・パイロットではダメで、しっかりとした点検・メンテナンスの知識も持っていなければ仕事になりません。やはり仕事としてはプラスアルファの知識・技術が必要になってくるのです。
農業現場、宅配業界、セキュリティー現場、災害調査・支援でもしかりです。ドローンを飛ばせることは前提としてしっかりとしたその分野での知識と技術が必要となってきます。最近はより仕事に特化したカリキュラムを組んでいるドローンスクールが存在しています。これらを活用する手はありません。スクールで学んだ専門知識を元にそれぞれの分野の門を叩くのが近道でしょう。

いかがですか?
現在もそして将来もドローン操縦士・パイロットとして、ただ単に操縦ができればいいということにはなりません。常にその分野の知識・技術というプラスアルファが必要になってくるのです。しっかりとしたビジョンを持ち、弛まむ努力で勉学に励むことで将来、輝かしい未来が拓けるかもしれません。頑張ってドローン業界で一旗あげましょう!