ドローン業界の仕事!操縦士・パイロットの就職・転職、求人情報

ドローン業界の未来

これからさまざまな分野への進出が見込まれ成長が予想されるドローン業界。多くの分野での活躍が見込まれており、すでに人材育成や確保が急がれています。具体的にはどのような分野でドローンが活躍していくと予測されているでしょうか。

・労働力不足にあえぐ農業現場
ドローンによる農薬散布、農作物の発育状況、病害などを観察。

・目視が難しい建設現場
ドローンによる点検、データ解析、広大な敷地の監視、管理業務。

・人材不足にあえぐ宅配業務
ドローンよる配達業務の時間短縮、コスト削減。

・鋭い眼が向けられる警備・監視
ドローンによる警備・監視システム。

・危険が伴う災害調査・支援
ドローンによる緊急対応、災害の察知、調査。

このように、ドローンによるさまざまな市場が生まれてきはじめており、大きな期待が寄せられています。
今後われわれの日常にも欠かせないものになってくるのは間違いないでしょう。

このことを証明するように、アメリカ国際無人機協会(AUVSI)では2025年のドローンビジネスは10兆円規模になると試算しています。
さらには市場規模拡大とともにドローン関連人材の新規雇用の続々と生まれてくると言われています。

まだまだ黎明期のドローン業界。就職・転職はどうしたらいいのか?

しかしまだまだ活躍の場が少なく、実際に眼にすることの少ないのが現在のドローンですよね。まだまだ空撮などのメディアでの活用のみに留まっており、本当の実力を発揮できていない状態でもあります。ということはドローン業界への就職・転職も門戸も狭いのでしょうか?

そうなんです。実はまだまだ見つけづらいんです。一般的な就職・転職サイトでは「ドローン」をキーワードで見つけるのが厳しいのが現状です。
ドローン操縦のスキルがあってもドローン業界への太いパイプがなけれ実際に仕事につくのが厳しい現状です。

では、どうしたらいいのでしょうか?

ドローンスクールを利用して活路を見い出す!

やはりドローンスクールを活用するのが今はベストなコースであると思います。

例えば、ドローンスクールジャパンが取り組んでいる「ドローンパートナー」というサービスがあります。
ドローンスクールジャパンでは独自のネットワークでドローン関わるあらゆる企業から数多くの求人案件が集めていて、全国でドローンを活用したいと思っている依頼主と卒業生を結びつけてくれます。このドローンパートナーに登録できればドローンに関する仕事が格段に見つけやすくなります。このような特典が付いているのは現在ドローンスクールジャパンだけですが、うまく活かせば仕事に対してのさまざまな可能性が広がることは間違いないです。

しっかりとドローンの知識・操作技術を学べるうえ、仕事の紹介や就職・転職先の斡旋、心配ならドローンビジネスに精通した講師からのアドバイスを受けることもできるスクールにはドローンで仕事をしたいと考える人には安心のサポート体制が整っているんです。

ドローンスクール無料説明会に参加する