ドローンはどこで飛ばせばいいの?守らなければいけない規制事項!

ドローンを飛ばす前に知っておきたい規制事項!

ドローンを購入して、いざ飛ばしてみようと!屋外へ出かけようと思ったあなた!。
じつはドローンは改定航空法によって飛行場所、飛行条件が制限されているんです。つまりドローンを購入したからといって好き勝手に飛ばせられないんです。近くの公園などで飛ばすのなんてもってのほかなんです。
知らないからといって違反してしまうと50万円以下の罰金が科せられてしまいますよ!

ここではドローンを飛ばす前にしっかり把握しておきたい規制事項について説明していきたいと思います。

ドローン操縦士を認めてもらえる基準は?

1、空港周辺
空港によって少々異なる部分があります。国土交通省の「空港等設置管理者及び空域を管轄する機関の連絡先について」のページに詳細が記載されているので確認しましょう。

2、人口集中地域
人口密集地域は「国土地理院」のページにて調べらべることができますので確認しましょう。

3、150m以上の高さ
150m以上の高さは飛行機が優先となります。

以上の3つの場所で飛行させたい場合は、ドローンを飛ばすのにあらかじめ飛行許可申請(持参、郵送、オンライン申請)を国土交通省に行って、許可を取得する必要があります。
「許可・承認の申請手続きの概要」ページに詳細が記載されているので確認しましょう。

ドローン飛行禁止区域以外でも国土交通省へ申請が必要な飛行条件があります!

飛行禁止区域外でも以下の飛行条件は守る必要があります。以下の飛行条件では飛行許可が必要または禁止されているので注意が必要です。

1、夜間飛行
ドローンの飛行は原則として日中(日の出から日没まで)です。夜中にこっそりなんてダメですよ。

2、人や物から30mの距離をとる
人(第三者)又は物件(第三者の建物、自動車など)との間に30m以上の距離を保つ必要があります。

3、イベント時などの上空の飛行
祭礼や縁日、イベントなどの多数の人が集まる場所は飛行を禁止されています。主催者などの許可が必要になります。

4、目視外の飛行
直接肉眼で目視できる範囲内で常に監視していることが必要です。双眼鏡、ドローンのカメラ映像などによる確認は目視として認められません。

5、輸送、投下
爆発物など危険物の輸送や物の投下は危険を伴うため禁止されています。災害時などにはー部除外される場合があります。

法規制を気にせずにドローンを飛ばしたいと思う人は!

いかがですか?
上記にあげたようにドローンの飛行に関しては、法規制により色々な決まりごとがあったりと敷居が高いんです。
多くの方が思いつくであろう、近隣の広めの県営、市営の公園などは、結構な数が飛行禁止になっている場合が多いんです。(直接確認をとってみましょう)また、河川敷や山間部、海沿いなどは比較的広大なスペースが見つけやすいですが、私有地であれば所有者の許可が必要なんです。

いずれにしても法規制をしっかり守ったうえで楽しく安全にドローンを飛ばすことのできる場所を見つけるのは結構大変なんですね。

でも気軽に日常的に飛ばして練習したいですよね!
そのような場合には200g未満で、飛行規制がなく好きな場所で飛ばせるトイドローンがオススメです。
またドローン初心者はドローンを飛ばす飛行場も練習機も手にすることのできるドローンスクールに通うのも良いかもしれませんね!